武田信義館

山梨県:歴史・観光・見所山梨県の城郭>武田信義館
武田信義館:略データ
・場 所・山梨県韮崎市神山町
・築城年・平安時代末期
・築城者・武田信義
・城 主・武田信義
・構 造・平城(居館)
・文化財・韮崎市指定史跡
・指定日・昭和53年3月18日
・概 要・当館が何時頃築城されたのかは不詳ですが、武田信義が自らの居館として築かれたとされます。

武田信義は大治3年に源清光の次男として生れ、保延6年に武田八幡宮で元服し、仁安3年に清光が死去すると家督を継いでいます。

早くから、波志田山合戦や鉢田の戦い、富士川の戦いで大功を挙げて駿河国を手中にすると、源頼朝、木曽義仲と共に武家の棟梁と目され、平家打倒に尽力しています。しかし、源頼朝は平家打倒が完遂すると信義を敵視するようになり、元暦元年に嫡男の一条忠頼が鎌倉に招かれ宴席で暗殺される等勢力を削がれ、鎌倉幕府の一御家人に転落しています。

武田信義館は目立った遺構が無い為、館の規模は判りませんが、東側を流れる釜無川、北側の堅沢、南側の甘利沢を天然の防衛施設と見立、西側に位置する白山城が詰城としていたようです。

周辺には「お屋敷」・「お旗部屋」・「神酒部屋」・「お庭」・「的場」・「お堀」・「金精水」・「具足沢」等の地名があり、館跡の名残とされます。

発掘調査で近隣の新田遺跡から12世紀の青磁や水晶、館跡と思われる東部から中国産陶磁器等が発見され、鎌倉時代には既に当地が開発され、身分が高い人物が居していた事が窺えます。

近隣に境内を構えている鳳凰山願成寺は宝亀2年に権大僧都心休了愚法印が開創した曹洞宗の寺院で、武田信義が武田家の祈願所として中興した際、木造阿弥陀三尊像を奉納しています。

信義が奉納した木造阿弥陀三尊像は国指定重要文化財に、信義の墓碑と伝わる鎌倉時代初期の五輪塔は韮崎市指定文化財に指定されています。

武田信義館跡は貴重な事から韮崎市指定史跡に指定されています。

武田信義館:付近地図
秋山光朝館甘利氏館馬場美濃守屋敷深草館一橋陣屋一条氏館岩崎氏館浄古寺城
鎌田氏館川田館栗原氏館教来石民部館曲渕氏屋敷長閑屋敷波木井氏館小笠原長清館
清水陣屋下曽根氏屋敷武田金吾屋敷武田信春館武田信成館武田信義館田安陣屋
椿城(上野城)内城館屋代氏館安田義定館谷戸城源義清公館
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。