馬場美濃守屋敷

山梨県:歴史・観光・見所山梨県の城郭>馬場美濃守屋敷
馬場美濃守屋敷:略データ
・場 所・山梨県北杜市白州町白須字殿町
・築城年・戦国時代
・築城者・馬場美濃守信春
・城 主・馬場美濃守信春
・構 造・平城(居館)
・文化財・?
・指定日・?
・概 要・馬場氏屋敷は武田家の重臣である馬場美濃守信房(信春)が居館として設けたとされます。

馬場氏は源頼光を祖とする摂津源氏である馬場仲政の後裔で、土岐光衡の一族が甲斐国巨摩郡教来石に入部し、地名に因み「教来石」を掲げました。

教来石駿河守信明は甲斐守守護職の武田信重の娘婿になった際、「馬場」姓に復したものの、4代目馬場虎貞が武田信虎の逆鱗にひれ手打ちとなり馬場家が一時断絶しています。

天文15年に武田信玄に命により信玄の重臣で馬場一族である教来石景政が名跡を継ぎ馬場景政を名乗りました。

景政は武田勝頼にも信任を得て重臣として活躍しますが、天正3年に発生した長篠の戦では勝頼に撤退を進言し、自ら殿を志願し時間稼ぎの為に馬場隊を率いて織田軍に突入、多くの織田方を討ち取った後に腹を十字に切って自刃したと伝えられています。

近隣にある自元寺が景政(信春)の菩提寺で、境内には景政の供養塔が建立され、山門は当屋敷から移築したものと伝えられています。

屋敷跡は土塁や空堀等の遺構も無くはっきりとした痕跡は失われていますが、白州保育園の付近が伝承地とされます。

馬場美濃守屋敷:付近地図
秋山光朝館甘利氏館馬場美濃守屋敷深草館一橋陣屋一条氏館岩崎氏館浄古寺城
鎌田氏館川田館栗原氏館教来石民部館曲渕氏屋敷長閑屋敷波木井氏館小笠原長清館
清水陣屋下曽根氏屋敷武田金吾屋敷武田信春館武田信成館武田信義館田安陣屋
椿城(上野城)内城館屋代氏館安田義定館谷戸城源義清公館
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。