長閑屋敷

山梨県:歴史・観光・見所山梨県の城郭>長閑屋敷
長閑屋敷:略データ
・場 所・山梨県北杜市長坂町長坂上条
・築城年・16世紀
・築城者・長坂長(釣)閑斎
・城 主・長坂長(釣)閑斎
・構 造・平城(居館)
・文化財・北杜市指定史跡
・指定日・昭和45年10月1日
・概 要・長閑屋敷は、16世紀に武田家に仕えた長坂長(釣)閑斎光堅が居館として築いたとされます。

長坂氏は信濃源氏小笠原家の庶流、又は甲斐源氏武田氏の支流栗原氏の分流とされ、武田信玄が信濃侵攻を本格化すると当時の当主だった長坂長閑斎光堅は信玄に下り、その後は騎馬40騎、足軽45人を率いる足軽大将として武田家重臣板垣信方を補佐しました。

板垣信方が天文12年に発生した上田原の戦いで討死すると、その後任に抜擢され諏訪高島城の城主、諏訪郡司に就任し、特に外交や諜報活動で功績を挙げ、家老級の扱いだったとされます。

永禄5年に武田勝頼が高遠城の城主になると、領地が近かく諏訪に関係が深かった事から勝頼とは近しい間柄となり、勝頼が武田家の家督を事実上継ぐと重臣として重用されています。

天正3年の長篠の戦では、武田勢の倍する織田徳川連合軍との決戦を進言し大敗北の原因になったと「甲陽軍鑑」に記されています。

ただし、長坂長閑斎光堅は軍議に参加していなかった説や、そもそも長篠の戦に参陣していなかった説、「甲陽軍鑑」は誤りが多い為に当てにならない説等があります。

天正10年に武田家が滅亡した際には甲府で織田勢に捕縛され子供の昌国と共に処刑、又は勝頼に随行し織田勢と戦い討死したとも云われています。

同年に発生した本能寺の変で織田信長が死去し織田家中が自領に引き上げた為、旧武田領が空白域となり天正壬午の乱が起きると、長閑屋敷は小田原北条氏に接収され陣所として改修工事が行われています。

長閑屋敷は東西約60m、南北約80m、比高約10m程に単郭の平城(居館)で、東、南、西の三方には幅2〜3m、深さ1m程の水堀、四方を土塁で囲っていました。

現在でも僅かに土塁や堀の形状が残され、貴重な事から北杜市指定史跡に指定されています。

長閑屋敷(長坂氏屋敷跡):付近地図
秋山光朝館甘利氏館馬場美濃守屋敷深草館一橋陣屋一条氏館岩崎氏館浄古寺城
鎌田氏館川田館栗原氏館教来石民部館曲渕氏屋敷長閑屋敷波木井氏館小笠原長清館
清水陣屋下曽根氏屋敷武田金吾屋敷武田信春館武田信成館武田信義館田安陣屋
椿城(上野城)内城館屋代氏館安田義定館谷戸城源義清公館
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。