甲府城(舞鶴城)

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)甲府市:歴史・観光・見所>甲府城(舞鶴城)

概要・歴史・観光・見所
甲府城(舞鶴城)概要: 甲府城は一乗氏の居館として築かれましたが元暦元年(1184)、一条次郎忠頼が源頼朝に殺されたことで夫人が尼となり、自らの居館を尼寺とし後に一蓮寺になりました。天正10年(1582)、武田家が滅ぶと一時織田信長が領しますが、同年に本能寺の変が発生し信長は自刃、織田家の家臣達は戦線を維持出来ず本領に撤退した為、その間隙を突いて徳川家康が侵攻し徳川家の支配となりました。家康は武田家の本拠だった躑躅ヶ崎館(武田氏館)に入らず、新たに甲府城の築城を平岩親吉に命じます。天正18年(1590)小田原の役後、家康が移封されると豊臣秀吉の領地となり羽柴秀勝、加藤光泰、浅野長政、浅野幸長らが築城を引き継ぎ甲府城を完成させています。江戸時代に入ると甲府城は甲州街道の要衝と位置づけられ、慶長8年(1603)には家康9男徳川義直、元和2年(1616)2代将軍徳川秀忠の2男徳川忠長、寛文元年(1661)3代将軍徳川家光3男徳川綱重、延宝6年(1678)徳川綱豊(綱重嫡男)と徳川一族が城主を歴任し、特別な城郭だったことがわかります。宝永3年(1705)、柳沢吉保が甲府城に入ると始めて大名領となり甲府藩が立藩、新たに城下町の整備が行われます。享保9年(1724)、吉保嫡男柳沢吉里が大和郡山藩(奈良県大和郡山市)に転封後は甲府藩は廃藩、天領となり甲府勤番が設置され明治維新を迎えます。幕末には新政府軍が侵攻し殆ど抵抗なく甲府城を接収、奪還を試みた幕府方の新選組が甲州勝沼の戦いで敗北しています。

明治6年(1673)甲府城は廃城となり多くの建物は払い下げや破棄され、都市計画により堀が埋め立てられ郭の形状が改変されました。明治34年(1904)に甲府城跡が「舞鶴公園」として整備される事となり昭和43年(1968)に「甲府城跡」として山梨県指定史跡に指定、平成18年(2006)に日本100名城に選定されています。現在の甲府城は県庁所在地の中心部に位置していながら本丸を中心に石垣や水堀の1部など比較的よく残り稲荷櫓や鍛冶曲輪門、稲荷曲輪門などの門や土塀が随時復元されています。

甲府城(舞鶴城):写真

甲府城
[ 付近地図: 山梨県甲府市 ]・[ 甲府市:歴史・観光・見所 ]
甲府城 甲府城 甲府城 甲府城 甲府城 甲府城
甲府城 甲府城 甲府城 甲府城 甲府城 甲府城
甲府城 甲府城 甲府城 甲府城 甲府城 甲府城
甲府城 甲府城 甲府城 甲府城 甲府城 甲府城


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。