甲府市: 方形周溝墓群

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)甲府市:歴史・観光・見所>方形周溝墓群

概要・歴史・観光・見所

方形周溝墓群(甲府市)概要: 方形周溝墓群は山梨県見甲府市下向山町に位置し弥生時代後期から古墳時代初期に築造されたもので(古墳が巨大化する以前の埋葬方法で、比較的小規模で、方形に溝を掘り、そこで出た土を盛り上げています)、当時としては東日本最大級とされ128基の方形周溝墓群と20軒ほどの住居で構成されています。

墓地地区と住居地区は明確に分けられている事から当時の死生観を窺えることが出来ます(どの様な理由かは判りませんが、当地が聖地として考えられていたのかも知れません)。又、住居の戸数と墓の数が大きく離れていて、周囲には同時代の集落が発見されていることから、方形周溝墓群は周囲の多くの集落の共同墓地だったと推定されています。現在は35基が復元されています。

方形周溝墓群:写真

方形周溝墓群に見立てた植栽を撮影した画像
[ 付近地図: 山梨県甲府市 ]・[ 甲府市:歴史・観光・見所 ]
方形周溝墓群を別の角度から写した写真 方形周溝墓群に設けられた溝を復元した画像 方形周溝墓群で復元した部分の写真 方形周溝墓群の溝が折り重なっている様子の画像


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。