仙娥滝

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)甲府市:歴史・観光・見所>仙娥滝(御岳昇仙峡)

概要・歴史・観光・見所

仙娥滝(御岳昇仙峡)概要: 仙娥滝は笛吹川の支流荒川の上流に位置し国指定特別名勝に指定されている昇仙峡の最奥部覚円峰の麓にある滝です。仙娥滝の高さは約30mですが水量は豊富で勢いがある為、広い滝壺が形成され、左右の花崗岩も滑らかに浸蝕されています。

仙娥滝の周囲にはお土産屋が軒を連ね、遊歩道も整備されていますが滝壺附近まで近づく事は出来ません。仙娥滝の遊歩道は山岳信仰が盛んだった金桜神社の参道だったようで、途中に大きな鳥居が建立されているのが印象的で仙娥滝も神聖視されていたのかも知れません。

仙娥滝の名前の由来は中国の神話の1つで元々仙人だった嫦娥が地上に降り、男と夫婦になった為、不死ではなくなったので、男が西王母からもらった不死の妙薬を嫦娥が盗み飲み、月へと逃げ込み蝦蟇になったという。この嫦娥のことを仙娥といい月神や月の化身に例えられます。仙娥滝は日本を代表する滝である事から平成2年(1990)に環境庁(現在の環境省)と林野庁による日本の滝百選に選定されています。

【 参考:サイト 】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仙娥滝:滝姿全景・写真

仙娥滝の正面から撮影した神秘的な全景画像
[ 付近地図: 山梨県甲府市 ]・[ 甲府市:歴史・観光・見所 ]
仙娥滝を少し離れた場所から撮った緑と滝のコントラストが素晴らしい写真 仙娥滝と岩肌と緑の樹木との対比が美しい写真 仙娥滝を見下ろせる高台から写した吸い込まれそうな滝壺の画像 仙娥滝が削り取った昇仙峡の岩壁
仙娥滝の滝壺の少し先にある巨石 仙娥滝に落ち込む荒川の清流と風景 仙娥滝の頭部分の写真 仙娥滝滝壺周辺の景観と深い緑


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。