大蔵経寺

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)笛吹市:歴史・観光・見所>大蔵経寺

概要・歴史・観光・見所
大蔵経寺(笛吹市)概要: 松本山大蔵経寺は山梨県笛吹市石和町松本大蔵経寺に境内を構えている真言宗智山派の寺院です。大蔵経寺の創建は奈良時代の養老年間(717〜724年)、行基菩薩が開いたのが始まりと伝えられています。当初は松本寺と称しましたが、応安3年(1370)、当時の甲斐守護職武田信成が堂宇を再建し観道上人(足利義満の庶子)を招いて中興開山し現在の寺号である大蔵経寺に改称しています。安土も桃山時代の天正年間(1573〜1592年)、徳川家康が領主になると祈願所として庇護され、さらに江戸時代に入ると29石5斗9升の朱印状を賜わり寺領が安堵されます。甲府城の城代は徳川家の代参として毎月17日に武運長久の祈願を行い、新義真言宗檀林7ヶ寺の1つにも数えられました。甲斐百八霊場第三番。甲斐石和温泉七福神(寿老人)。山号:松本山。宗派:真言宗智山派。本尊:不動明王。

大蔵経寺の文化財
・ 絹本著色仏涅槃図−室町時代−国指定重要文化財
・ 絹本著色両頭愛染明王像−南北朝時代−山梨県指定文化財
・ 絹本著色不動明王二童子座像−南北朝時代−山梨県指定文化財
・ 絹本著色不動明王二童子立像−南北朝時代−山梨県指定文化財
・ 絹本著色騎獅不動明王八大童子像−南北朝時代−山梨県指定文化財
・ 絹本著色高野四社明神像−室町時代−笛吹市指定文化財
・ 絹本著色愛染明王像(2点)−室町時代−笛吹市指定文化財
・ 絹本著色真言八祖図−室町時代−笛吹市指定文化財
・ 紙本墨摺手彩色両界曼荼羅−室町時代−笛吹市指定文化財
・ 絹本著色弘法大師像−室町時代−笛吹市指定文化財

大蔵経寺(笛吹市):写真

大蔵経寺
[ 付近地図: 山梨県笛吹市 ]・[ 笛吹市:歴史・観光・見所 ]
大蔵経寺 大蔵経寺 大蔵経寺 大蔵経寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。