笛吹市: 甲斐国分寺

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)笛吹市:歴史・観光・見所>甲斐国分寺

概要・歴史・観光・見所

甲斐国分寺(笛吹市)概要: 甲斐国分寺は山梨県笛吹市一宮町国分に境内を構えている臨済宗妙心寺派の寺院です。甲斐国分寺の創建は天平13年(741)、聖武天皇の勅願により全国に建立された国分寺の1つです。奈良時代は甲斐国の中心的な寺院として隆盛しましたが、その後朝廷の権威の失墜により衰退し、建長7年(1255)に火災で多くの堂宇が焼失すると荒廃します。戦国時代に武田信玄が旧国分寺跡地に再興し、続く勝頼の時代に臨済宗に改宗しています。

現在の甲斐国分寺本堂、庫裏、薬師堂、鐘楼門は江戸時代末期に再建されたもので、甲斐国分寺の境内に作庭された爽やかな緑の苔芝と荒々しい石組の石庭阿弥陀如来像や薬師如来像、十二神将像などが安置されています。本堂は木造平屋建て、寄棟、銅板葺き、平入、桁行9間、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。薬師堂は木造平屋建て、寄棟、銅板葺き、平入、桁行3間、梁間3間、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。山門は入母屋、銅板葺き、一間一戸、四脚楼門、上層部は柱のみの吹き放しで鐘撞堂を兼ねる鐘楼門形式。国分寺本堂・薬師堂・鐘楼門・庫裏附棟札・鰐口・小屋貫・板絵は貴重な事から笛吹市指定文化財に指定されています。甲斐百八霊場第37番札所。甲斐八十八ヶ所霊場第18番札所。山号:護国山。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:薬師如来。

【 参考:サイト 】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

甲斐国分寺:写真

甲斐国分寺境内正面に設けられた鐘楼門と石燈籠と石造寺号標
[ 付近地図: 山梨県笛吹市 ]・[ 笛吹市:歴史・観光・見所 ]
甲斐国分寺山門から見た長い歴史を感じさせる境内 甲斐国分寺の綺麗に作庭された庭園越に見える凛とした本堂を撮影した画像 甲斐国分寺を司る僧侶達が生活する庫裏 甲斐国分寺の境内に設けられたきりっとした薬師堂とユニークな石造大黒天像を写した写真


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。