笛吹市: 慈眼寺

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)笛吹市:歴史・観光・見所>慈眼寺

概要・歴史・観光・見所
慈眼寺(笛吹市)概要: 金剛山慈眼寺は山梨県笛吹市一宮町末木に境内を構えている真言宗智山派の寺院です。慈眼寺の創建は不詳ですが室町時代の文明年間(1469〜1487年)、宥日上人が中興開山したと伝えられています。戦国時代は武田家の祈願所として寺運が隆盛し、境内には七堂伽藍が建ち並び甲州国檀林七ヶ寺の筆頭となりました。天正10年(1582)の織田信長の甲斐侵攻により武田家が滅び、兵火により堂宇、寺宝、記録などが焼失し一時混乱しますが、徳川家の祈願所として再興されています。

現在の本堂、庫裏、鐘楼門は元和8年から慶安8年(1622〜1650年:鐘楼の銘に1650年があるところから鐘楼門は同年に建立されたとしています。)、第12世宥真が再建したもので本堂は入母屋、金属板葺(改修後に茅葺屋根に復したようです)、桁行、梁間11.9m、方丈型。庫裏は正面入母屋、背面切妻、妻入、東側入母屋、西側寄棟(背面庇は檜皮葺)、桁行14.6m、梁間11.0m。鐘楼門は慶安3年(1650)に建てられたもので一間一戸、四脚楼門、入母屋、鉄板葺(改修後に茅葺屋根に復したようです)。3棟とも江戸時代初期の寺院建築の要素を伝える貴重なものとして昭和61年(1986)に国指定重要文化財に指定されています。

又、慈眼寺の寺宝である刺繍法華経、紙本著色星曼荼羅、紙本墨書梵書法帖が山梨県指定文化財、弘法大師像、大日如来像、石造光明真言碑などが笛吹市指定文化財にそれぞれ指定されています。山号:金剛山。宗派:真言宗智山派。本尊:千手観音。

慈眼寺:写真

慈眼寺
[ 付近地図: 山梨県笛吹市 ]・[ 笛吹市:歴史・観光・見所 ]
慈眼寺 慈眼寺 慈眼寺 慈眼寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。