笛吹市: 甲斐国分尼寺跡

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)笛吹市:歴史・観光・見所>甲斐国分尼寺跡

概要・歴史・観光・見所
甲斐国分尼寺跡(笛吹市)概要: 甲斐国分尼寺は天平13年(741)、聖武天皇の勅願により全国に建立された国分尼寺の1つで、特に光明皇后の意向が大きく反映され女性の為の寺院とされました。境内は約180m4方で周囲には築地塀と堀で囲まれていて、内部には南門、中門、回廊、金堂、講堂、尼房などの施設があったと推定されています。金堂は桁行5間、梁間4間、礎石が18個発見され、講堂は桁行5間、梁間4間、礎石が12個発見され、それ以外は現在発見されず、塔のような楼閣建築はなかったとされます。甲斐国分尼寺跡は大変貴重な事から昭和24年(1949)に国指定史跡に指定されています。

甲斐国分尼寺跡:写真

甲斐国分尼寺跡
[ 付近地図: 山梨県笛吹市 ]・[ 笛吹市:歴史・観光・見所 ]
甲斐国分尼寺跡 甲斐国分尼寺跡 甲斐国分尼寺跡 甲斐国分尼寺跡
甲斐国分尼寺跡 甲斐国分尼寺跡 甲斐国分尼寺跡 甲斐国分尼寺跡


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。