笛吹市: 旧石原家住宅

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)笛吹市:歴史・観光・見所>旧石原家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧石原家住宅(笛吹市)概要: 旧石原家住宅は江戸時代中期に八代町南に建てられたもので、甲州地方でよく見られた切妻突き上げ屋根、銅板葺き(元茅葺:近年火災により屋根部分が焼失し銅板に葺き替えました。)、桁行7間(14.85m)、梁間3.5間(7.87m)、外壁は真壁造り、土壁鏝押えの中規模農家建築です。切妻突き上げ屋根とは屋根の中間あたりで壁面を造り、そこから明かりや風を取り入れる形式で、屋根裏を養蚕などで利用する為に考えられたものと推定されています。内部は「アガリハナ」、「ブツマ」、「ナンド」、「ザシキ」、「イドコ」が配されていました。旧石原家住宅は江戸時代中期に建てられた中規模農家建築の遺構として貴重な存在として笛吹市指定文化財に指定され、現在は八代郷土館敷地内に移築保存され一般公開されています。

旧石原家住宅:写真

旧石原家住宅
[ 付近地図: 山梨県笛吹市 ]・[ 笛吹市:歴史・観光・見所 ]
旧石原家住宅 旧石原家住宅 旧石原家住宅 旧石原家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。