富士吉田市・歴史・観光・見所

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)>富士吉田市

概要・歴史・観光・見所
富士吉田市概要: 富士吉田市は古くから北口本宮冨士浅間神社の門前町として発展した町です。特に中世に入ると富士山信仰が盛んになり、短冊型に地割された町並みには多くの御師住宅が建ち並び自治組織的な体制が執られたとされます。室町時代に入ると小山田氏が支配し、さらに小山田氏が従属した甲斐守護職の武田氏と相模の北条氏との領地境界付近にあった為、双方の軍事的拠点となりました。江戸時代に入ると谷村藩に属し、特に藩主秋元氏は建築土木作事に長けた大名だった為、治水工事が行われ新田開発が進みました。宝永元年(1704)に秋元氏が移封になると天領となり新たに設けられた谷村代官所の支配となります。江戸時代中期になると庶民の行楽が盛んになり、江戸でも数多くの富士講が組織され、富士山遥拝の拠点となった北口本宮冨士浅間神社の社運が隆盛し門前町も大いに賑わいました。

富士吉田市・町並み:写真

北口本宮冨士浅間神社

富士吉田市:周辺・見所

浅間神社
北口本宮冨士浅間神社
冨士浅間神社
武藤家住宅
旧武藤家住宅
旧武藤家住宅
小佐野家
旧宮下家住宅
旧宮下家住宅
御師住宅
御師住宅
御師住宅
 
白
 



※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。