山梨市: 那賀都神社

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)山梨市:歴史・観光・見所>那賀都神社

概要・歴史・観光・見所
那賀都神社(山梨市)概要: 那賀都神社は山梨県山梨市三富上釜口に鎮座している神社です。那賀都神社の創建は景行天皇の御代、日本武尊が東夷東征の際、国司ヶ岳の天狗尾根を訪れ大山祇神、大雷神、高オカ神の3神の分霊を勧請し佩剣を御神体としたことが始まりと伝えられています。伝承によると日本武尊が当地を訪れた際、厚い霧に阻まれ何処に居るのかさえ判らなくなった為、岩室に陣を張り上記の3神に祈願すると、神託があり皇子の進む方向を指示したとされ、神意に感謝して3神を祀ったと伝えられています。天武天皇の御代(673〜686年)、役行者小角(修験道の開祖)が修験道場として開山、その際、大山祇神(木花咲耶媛命の御父神)だけを祀ると、不思議と雷鳴が鳴り響き当山は「三神を祀るべきである」との神託を受けた為、役行者小角も恐れおののいたそうです。養老元年(717)に現在地に遷座、この年、泰澄大師(白山を開山した修験の高僧)も当社を訪れ、山頂の神域に注連縄を張る7日7晩祈祷を行いました。天平7年(737)、行基菩薩(奈良時代の高僧)が当社を訪れ観世音菩薩を自ら彫り込み「赤の浦 鳴渡ヶ崎に那留神の みゐづや高く 那賀都とは祈る」と神歌を奉じたことで「大嶽山那賀都神社」と称するようになったそうです。さらに天長8年(833)には弘法大師空海(真言宗の開祖)もこの地を訪れ修行を重ね、山内には弘法の絵書石、清浄の滝、座禅岩と呼ばれる空海縁の史跡が点在しています。江戸時代初期に社殿が崩壊したことで社運が衰退し、元文5年(1740)に羽黒派修験東叡山支配となり社殿再建されます。明治時代初頭に発令された神仏分離令により形式上は仏教色が排除され社号を那賀都神社に改め、明治6年(1873)に村社に列しています。

現在の那賀都神社殿は地元の名医として知られた喜多島宗甫が奉納したもので、嘉永3年(1850)から明治10年(1877)にかけて計画され彫刻は福田俊秀(伊豆の彫刻師石田半兵衛の子供)が担当、中でも本殿は一間社、入母屋、銅板葺、妻入、正面左右両側に1軒軒唐破風向拝付、建物全体に精緻な彫刻が施されている瀟洒な建物で、昭和57年(1982)に山梨市(旧三富村)指定文化財に指定されています。神社山門は寺院の山門(仁王門)として計画されたものの、神仏分離を経て随神門に変更になったもので入母屋、銅板葺、正面軒唐破風、三間一戸、八脚楼門、現在は大天狗・小天狗が安置されています。祭神:大山祇神、大雷神、高オカミの神。山号:大嶽山。

那賀都神社:写真

那賀都神社
[ 付近地図: 山梨県山梨市 ]・[ 山梨市:歴史・観光・見所 ]
那賀都神社 那賀都神社 那賀都神社 那賀都神社
那賀都神社 那賀都神社 那賀都神社 那賀都神社

スポンサーサイト

山梨市・観光・見所
永昌院 大井俣窪八幡神社
飯島家住宅 川浦口留番所
吉祥寺 清白寺
旧室伏学校 那賀都神社
中牧神社 山梨岡神社
西川家住宅 連方屋敷
旧坂本家住宅 天神社
上野家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。