山梨市: 吉祥寺

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)山梨市:歴史・観光・見所>吉祥寺

概要・歴史・観光・見所
吉祥寺(山梨市)概要: 吉祥寺は山梨県山梨市三富徳和吉祥寺に境内を構えている真言宗智山派の寺院です。吉祥寺の創建は鎌倉時代の承元年中(1207〜1211年)、武田信光が当時本拠としていた石和館から見て鬼門(北東)の方角に当るこの地に鬼門除けとして甲斐源氏の祖とされる新羅三郎義光から受け継いできた毘沙門天を祀ったのが始まりと伝えられています。以来、甲斐源氏の後裔である武田家の庇護により寺運が隆盛し、戦国時代の永禄8年(1565)には武田信玄により本堂(毘沙門堂)、庫裏が再建されています(棟札に「大檀越源朝臣晴信奉為武運長久再興之 伏願 家門繁栄武門長久至祝至檮 敬白 」と記されています)。

現在の吉祥寺本堂(入母屋、桟瓦葺、妻入、桁行4間半、梁間5間半、正面唐破風向拝付、向拝の鬼瓦は象徴的)、庫裏(木造平屋建て、鉄板葺き、平入、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ)は武田信玄が再建した当時のもので特に本堂は延宝7年(1679)に改修されているものの室町時代末期に建てられた寺院本堂建築として貴重である事から永禄8年(1565)と延宝7年(1679)の2枚の棟札と共に昭和56年(1981)に山梨市指定文化財に指定されています。吉祥寺境内に正面にある新羅桜は新羅三郎義光お手植えの伝説が残る江戸彼岸桜の大木で推定樹齢300年、根廻り4.1m、目通り3.1m、枝張り東西14.2m、南北16.0m、昭和36年(1961)に山梨県指定天然記念物に指定されています。山門は江戸時代中期の宝永5年(1708)に造営されたもので、切妻、銅板葺き、一間一戸、四脚門形式、棟梁は恵林寺大工小島杢之丞が手掛けています。甲斐国百八霊場第七番。甲斐東郡七福神第七番(毘沙門天)。山号:徳和山。宗派:真言宗智山派。本尊:毘沙門天。

吉祥寺:写真

吉祥寺
[ 付近地図: 山梨県山梨市 ]・[ 山梨市:歴史・観光・見所 ]
吉祥寺 吉祥寺 吉祥寺 吉祥寺

スポンサーサイト

山梨市・観光・見所
永昌院 大井俣窪八幡神社
飯島家住宅 川浦口留番所
吉祥寺 清白寺
旧室伏学校 那賀都神社
中牧神社 山梨岡神社
西川家住宅 連方屋敷
旧坂本家住宅 天神社
上野家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。