武田信治(穴山勝千代)

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)>武田信治(穴山勝千代)・菩提寺:最恩寺
【 菩提者 】 武田信治の幼名は穴山勝千代で、甲斐国河内領の国人領主(国衆)である穴山信君(梅雪)と武田信玄の娘である見性院の嫡男です。穴山家は元々、駿河国及び遠江国の守護大名である今川家に仕えていましたが、戦国時代に武田家に転じ、縁戚関係を深める事で武田家御一門衆筆頭として重きを成していました。しかし、天正3年(1575)の長篠の戦いで武田家が織田・徳川連合軍に大敗し、天正9年(1581)に信君の嫡男である勝千代と武田家当主、武田勝頼の娘との間に交わされた婚約が破棄されると、天正10年(1582)に信君は本領安堵と武田家の名跡を継ぐ事を条件に密かに徳川家康を通じて織田家に転じました。

当然、織田、徳川の武田領侵攻の際には自領の通過を許し、武田家滅亡の一因となっています。信君は家康に従い安土城(滋賀県近江八幡市安土町)信長に謁見、その後、堺などを見物していた際に本能寺の変が発生し、急いで自領に帰還する際に一揆の襲撃を受け殺害されています。これにより武田信治(穴山勝千代)が事実上家督を相続し(形式的には天正8年:1580年に家督を相続しています)、家康からも遺領が安堵されています。しかし、信治は天正15年(1587)に疱瘡が原因により病死しています。菩提は最恩寺(山梨県南部町)に葬られたと思われ、最恩寺の境内に墓碑が建立され、寺宝として絹本着色穴山勝千代画像(山梨県指定文化財)を所有しています。

【 寺  号 】 最恩寺
【 所在地 】 山梨県南巨摩郡南部町福士
【 創建年 】 長久年間(1040〜1043年)
【 開  山 】 中興開山:立翁禅師
【 開  基 】
【 山  号 】 福士山
【 宗  派 】 臨済宗妙心寺派
【 本  尊 】 釈迦如来
【 備  考 】 絹絹本着色穴山勝千代画像・穴山勝千代の墓
山梨県大名菩提寺
三条夫人武田信虎大井夫人武田義信・諏訪頼重武田信親武田信武・武田勝頼飯富家・山県家屋代勝永源清光武田信重武田信義円井家・山本勘助小山田家小山田家・鳥居家・秋元家養珠院武田信治武田信玄武田信満武田信成武田勝頼武田信昌加藤景忠
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。