武田信親

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)>武田信親:菩提寺(入明寺)
【 菩提者 】 入明寺(甲府市)の菩提者である武田信親は天文10年(1541)に武田晴信(後の武田信玄)と正室である三条夫人との間に次男として生まれました。幼少期には既に失明していたとされ、当初は信濃小県郡の有力国人領主である海野幸義の娘を正室として迎え海野氏の名跡を継ぎ、海野次郎信親と名乗りました。一方、長延寺(現在の東本願寺甲府別院光澤寺)の実了(信玄の御伽衆の一人)の弟子として出家して竜芳を名乗りました。永禄8年(1565)、父親である武田信玄に対して兄である武田義信が謀反を画策し、それが露呈した事で排斥された事を受け、本来ならば信親が武田家の家督を継ぐ立場にありましたが、盲目だった為、腹違いの弟である武田勝頼が武田家を継ぎました。天正10年(1582)に織田、徳川連合軍が武田領に侵攻した際、入明寺に入りましたが、勝頼が天目山の戦いで敗れ自刃した事を聞いて運命を共にしたと伝えられています。享年42歳。入明寺の当時の住職だった栄順は信親の遺体を境内に手厚く葬り、その上に目印として梅の苗木を植樹したと伝えられています。又、信親の嫡男武田信道は入明寺の栄順と長延寺の実了の協力を得て密かに匿われ、織田家が没落後に徳川家の家臣として命脈を保っています。入明寺境内には武田信親の墓碑が建立されています。

【 寺  号 】 入明寺
【 所在地 】 山梨県甲府市住吉
【 創建年 】 長享元年(1487)
【 開  山 】 浄閑(六条有成)
【 開  基 】
【 山  号 】 法流山
【 宗  派 】 浄土真宗
【 本  尊 】 阿弥陀如来
【 備  考 】 武田信親の墓碑、信親の位牌、信親の木像
山梨県大名菩提寺
三条夫人(円光院)武田信虎(大泉寺)大井夫人(長禅寺)武田義信・諏訪頼重(東光寺)武田信親(入明寺)武田信武・武田勝頼(法泉寺)飯富家・山県家(天沢寺)屋代勝永(勝永寺)源清光(清光寺)武田信重(成就院)武田信義(願成寺)円井家・山本勘助(宗泉院)小山田家(桂林寺)小山田家・鳥居家・秋元家(長生寺)養珠院(本遠寺)武田信治(最恩寺)武田信玄(恵林寺)武田信満(栖雲寺)武田信成(向嶽寺)武田勝頼(景徳院)武田信昌(永昌院)加藤景忠(保福寺)
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。