円井家

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)>円井家:菩提寺(宗泉院)
【 菩提者 】 円井氏は甲斐武田氏5代当主武田信光(別称:石和五郎・応保2年:1162年〜宝治2年:1248年)の末男である十郎光経が甲斐国巨摩郡円井郷増坪(山梨県韮崎市)に配され、地名に因み「円井」の姓を名乗ったのが始まりとされます。円井氏は一族として長く武田家に従い、特に巨摩郡武川流域を領していた氏族達で形成された「武川衆」の一翼を担っていました。宗泉院(山梨県韮崎市)は円井氏歴代の菩提寺で境内には円井氏の墓碑と山本勘介供養塔が建立されています。

【 寺  号 】 宗泉院
【 所在地 】 山梨県韮崎市円野町上円井
【 創建年 】 中興:永正元年(1504)
【 開  山 】 中興:悦堂宗穆大和尚
【 開  基 】 円井十郎光経
【 山  号 】
【 宗  派 】 曹洞宗
【 本  尊 】 釈迦如来
【 備  考 】 円井家墓碑・山本勘介供養塔
山梨県大名菩提寺
三条夫人武田信虎大井夫人武田義信・諏訪頼重武田信親武田信武・武田勝頼飯富家・山県家屋代勝永源清光武田信重武田信義円井家・山本勘助小山田家小山田家・鳥居家・秋元家養珠院武田信治武田信玄武田信満武田信成武田勝頼武田信昌加藤景忠
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。