北杜市: 山口諏訪神社

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)北杜市:歴史・観光・見所>山口諏訪神社

概要・歴史・観光・見所
山口諏訪神社(北杜市)概要: 山口諏訪神社の創建は不詳ですが、伝承によると崇神天皇の御代(3世紀頃)、諏訪大社の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。江戸時代には幕府から庇護され慶長年間(1596〜1615年)には徳川家康から社領1石2斗が寄進されています。現在の本殿は江戸時代初期(元禄5年:1692年の棟札有)に建立されたもので一間社流造、檜皮葺、建物全体が朱色に仕上げられています。拝殿は明治元年(1868)に建てられたもので、木造平屋建て、宝形(?)、鉄板葺、桁行5間、梁間3間、拝殿と農村舞台の両方の機能があり床には回転舞台の溝が残っています。社宝である鰐口は桃山時代の作風を残すもので直径18.8cm、青銅製。山口諏訪神社の本殿、拝殿、鰐口は昭和48年(1973)に北社市指定文化財に指定されています。

山口諏訪神社:写真

山口諏訪神社
[ 付近地図: 山梨県北社市 ]・[ 北社市:歴史・観光・見所 ]
山口諏訪神社 山口諏訪神社 山口諏訪神社 山口諏訪神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。