甲斐市: 天沢寺

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)甲斐市:歴史・観光・見所>天沢寺

概要・歴史・観光・見所
天沢寺(甲斐市)概要: 天沢寺の創建は文明4年(1472)、飯富兵部少輔虎昌(甲斐武田家重臣、亀沢領主)の招きで鷹岳宗俊和尚(雲岫宗竜の法嗣、宗俊和尚は都留市金井に境内を構える用津院や都留市下谷に境内を構える長生寺なども開山しています。)が開山したのが始まりと伝えられています(文明4年に鷹岳宗俊和尚が草庵を設け、文明7年に飯富虎昌が大檀那となり現在地に寺院として開山したとも)。山県三郎兵衛昌満(武田四天王の一人。飯富虎昌の弟又は甥とされる人物)が中興すると、武田家が庇護するなど寺運が隆盛し境内には七堂伽藍が建ち並んでいたとされます。武田家が滅ぶと徳川家の庇護となり天正11年(1583)には徳川家康から寺領18貫文が寄進され、慶長8年(1603)には寺地770坪と寺領25石が寄進されています。

現在の天沢寺山門は宝暦3年(1753)前後に建てられたもので入母屋、瓦棒葺、三間一戸、八脚楼門形式、桁行3間、梁間3間、上層部には三十三観音像、下層部には摩利支天像・愛染明王像が安置、江戸時代後期に建てられた楼門建築の遺構して貴重な存在で、平成18年に甲斐市指定有形文化財に指定されています。山門内部に安置されている木造摩利支天像と愛染明王像は明和4年(1767)に製作されたもので摩利支天像は像高170cm、桧材、寄木造、愛染明王像は像高170cm、桧材、寄木造、両像共に昭和59年(1984)に甲斐市指定有形文化財に指定されています。又、天沢寺には数多くの古文書が残されていて徳川家康朱印状(天正11年:1583)・伊奈熊蔵寺領証文(天正17年:1589)・平岩主計頭禁制(慶長8年:1603)・平岡勘三郎禁制(正保4年:1647)が昭和45年(1970)に甲斐市指定文化財に指定されています。山門前に安置されている六地蔵幢は応永33年(1426)に妙性によって造立された五輪塔で高さ234cm、龕部に六地蔵が安置されている事から六地蔵幢と呼ばれ建築年代が明確で当時の地蔵信仰の遺構として貴重な事から昭和46年(1971)に山梨県指定文化財に指定されています。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来。甲斐百八霊場第65番札所。

天沢寺:写真

天沢寺
[ 付近地図: 山梨県甲斐市 ]・[ 甲斐市:歴史・観光・見所 ]
天沢寺 天沢寺 天沢寺 天沢寺
天沢寺 天沢寺 天沢寺 天沢寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。