甲州街道: 野田尻宿

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)山梨県の街道甲州街道>野田尻宿

概要・歴史・観光・見所
野田尻宿(上野原市)概要: 案内板によると「 野田尻宿は、正徳3年(1713)野田尻宿集落起立の形態で宿を構成した。天保14年(1842)には、本陣1軒、脇本陣1、旅篭は大軒、中3、小4計9の小さな宿場であった。蔦屋・紺屋・中田屋・酒屋・鶴屋・万屋など現在も昔の屋号が残っている。もちろん職業は違っている。お玉ヶ井にまつわる伝説は、その昔、旅篭「恵比寿屋」で働く美しい女中「お玉」にまつわる恋物語で、念願の恋が実ったお礼にと、水不足に悩む野田尻の一角に、澄んだ水をこんこんと湧き出させたという。何とお玉の正体は「竜」で長峰の池の主「竜神」と結ばれたと言われている。西光寺は、天長元年(824)真言宗として創立した歴史ある寺院である。鎌倉時代に建長寺第9世管長智覚禅師を勧請開山として、臨済宗に転宗した由緒ある寺院である。」とあります。野田尻宿は明治19年(1886)の大火で多くの家屋が焼失し古い建物は少ないですが、静かな落ち着いた町並みは当時の雰囲気が感じられます。

野田尻宿:町並み・写真

[ 付近地図: 山梨県上野原市 ]・[ 上野原市:歴史・観光・見所 ]
野田尻宿 野田尻宿 野田尻宿 野田尻宿


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。