南アルプス市: 古長禅寺のビシャクシ

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)南アルプス市:歴史・観光・見所>古長禅寺のビシャクシ

概要・歴史・観光・見所
古長禅寺のビシャクシ(南アルプス市)概要: 古長禅寺のビシャクシは旧客殿の4方を守る4天王を意味し、長禅寺を開山した夢窓国師が客殿の4隅に10m間隔で手植えしたものと伝えられています。その為、信仰の対象となり青面金剛の庚申塔(弘化2年:1845年)や観世音菩薩像(天保8年:1837年)、一字一石塔(宝永年間:1704〜1710年・宝暦年間:1751〜1764年)などが建立され民間信仰の霊場のような機能があったと思われています。ビシャクシは北東隅は推定樹齢700年、根回4.4m、目通4.1m、樹高10.9m、北西隅は推定樹齢700年、根回6.3m、樹高16.0m、南東隅は推定樹齢700年、根回4.05m、目通3.7m、樹高10.9m、南西隅は推定樹齢700年、根回5.15m、目樹高14、0m、大変貴重な事から昭和28年(1953)に国指定天然記念物に指定されています。

古長禅寺のビシャクシ:写真

古長禅寺のビシャクシ
[ 付近地図:山梨県南アルプス市 ]・[ 南アルプス市:歴史・観光・見所 ]
古長禅寺のビシャクシ 古長禅寺のビシャクシ 古長禅寺のビシャクシ 古長禅寺のビシャクシ


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。