南アルプス市: 伝嗣寺

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)南アルプス市:歴史・観光・見所>伝嗣寺

概要・歴史・観光・見所
伝嗣寺(南アルプス市)概要: 伝嗣寺の創建は文安2年(1445)、この地にあった三輪明神の山宮の伝嗣寺神官今沢山城守入道道勤が寺院を建立したのが始まりと伝えられています。その後、武田家の庇護を受けると寺運が隆盛し、永禄7年(1564)には州安派本寺となり最盛期には境内に七堂伽藍が建ち並び、末寺50余ヶ寺を擁していたそうです。江戸時代に入ると徳川家から庇護され3代将軍徳川家光から朱印状を賜わり寺領が安堵されました。明治38年(1905)の火災で多くの堂宇、寺宝、記録など焼失しましたが、紙本墨書大般若経600巻(縦28.8cm、横10.6cm、明応10年、文亀元年:1501年、大檀那今沢重貞奉納)が昭和40年(1965)に山梨県指定文化財に指定されている他、大日如来座像が南アルプス市指定文化財に指定されています。又、本堂に隣接する三州流の庭園は小堀遠州(夢窓国師とも)が作庭したと伝えられています。甲斐百八霊場第81番札所。山号:大神山。宗派:曹洞宗。本尊。釈迦如来。

伝嗣寺:写真

伝嗣寺
[ 付近地図:山梨県南アルプス市 ]・[ 南アルプス市:歴史・観光・見所 ]
伝嗣寺 伝嗣寺 伝嗣寺 伝嗣寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。