身延町: 六郷町

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)身延町:歴史・観光・見所>六郷町

概要・歴史・観光・見所
六郷町(身延町)概要: 古くは平安時代の左大臣藤原頼長が領した岩間牧があった地域で、建暦3年(1213)に伊賀氏領となり地名から岩間氏を称するようになります。戦国時代になり甲斐と駿河の移動が多くなると甲駿往還が整備され、この地には岩間宿が設けられ伝馬が置かれるなど重要視されます。江戸時代に入ると駿州往還の宿場町として引き継がれ、多くの物資が集められ周辺の中心的な町として発展、明治時代以降は交通の要衝としては衰退しますが戦前までは岩間足袋の製造所として発展、それ以降は判子の生産を全国的に展開とする判子の町となりました。

六郷町:写真

六郷町
[ 付近地図: 山梨県身延町 ]・[ 身延町:歴史・観光・見所 ]
六郷町 六郷町 六郷町 六郷町


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。