笛吹市・歴史・観光・見所

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)>笛吹市
山梨県・見所
 ・ 甲府市
 ・ 甲斐市
 ・ 山梨市
 ・ 北社市
 ・ 大月市
 ・ 笛吹市
 ・ 甲州市
 ・ 韮崎市
 ・ 南アルプス市
 ・ 都留市
 ・ 身延町
 ・ 富士河口湖町
 ・ 赤沢宿
 ・ 南部町
 ・ 上野原市
 ・ 中央市
 ・ 富士吉田市
 ・ 鳴沢村
 ・ 忍野村
 ・ 市川三郷町
 ・ 山梨県:城郭
 ・ 山梨県:神社建築
 ・ 山梨県:寺院建築
 ・ 山梨県:古民家
 ・ 山梨県:洋風建築
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
笛吹市・歴史・観光・見所
笛吹市概要: 笛吹市は山梨県の中で古くから政治や文化の中心だった地域で4世紀末には大丸山古墳や銚子塚・丸山塚古墳など大型の古墳が築造され、当時の笛吹市には大きな勢力を持つ豪族が存在していたと共に中央との結び付きが強かったと思われます。7世紀には山梨・八代・巨麻・都留からなる甲斐国が立国し、八代郡であった笛吹市には国府(国衙)が設置されました。国府の正確な位置は不詳ですが条理制地割と思われる遺跡や寺本廃寺跡などがあり当時から甲斐国の中心地として開発されていたことが窺えます。天平13年(741)には聖武天皇の勅願により国分寺と国分尼寺も笛吹市に設置され、甲斐国一宮も現在の笛吹市一宮町に鎮座する一宮浅間神社だと比定(諸説有り)されています。平安時代後期には甲斐源氏である源義清・清光の親子が入国し鎌倉時代には武田信光が石和御厨を本拠に甲斐守護職に就任すると多くの社寺仏閣が造営され長く甲斐国の行政、文化の中心地として栄えました。室町時代に入り武田家の地位が確立すると戦国大名化し、武田信虎の代に本拠を躑躅ヶ崎館(武田氏館)に移すと中心地として地位が後退しました。江戸時代に入ると、甲府藩又は天領となり笛吹市には石和代官所(陣屋)が設置され周辺の行政の中心となり、甲州街道が開削されると石和宿が開かれ、物資や旅人が往還経済的にも発展しました。明治維新になると石和陣屋に一時県庁が置かれ石和県が立県しましたが、その後、甲斐国内の他の県と合併し甲府県となり、さらに山梨県となっています。
笛吹市
笛吹市:町並み 笛吹市:町並み 笛吹市:町並み 笛吹市:町並み 笛吹市:町並み
笛吹市:観光・見所
美和神社
美和神社
美和神社
浅間神社
甲斐国一宮浅間神社
甲斐国一宮浅間
佐久神社
佐久神社
佐久神社
山梨岡神社
山梨岡神社
山梨岡神社
石和八幡宮
石和八幡宮
石和八幡宮
甲斐国分寺
甲斐国分寺
甲斐国分寺
国分寺跡
甲斐国分寺跡
甲斐国分寺跡
国分尼寺跡
甲斐国分尼寺跡
甲斐国分尼寺跡
遠妙寺
遠妙寺
遠妙寺
広厳院
広厳院
広厳院
慈眼寺
慈眼寺
慈眼寺
成就院
成就院
成就院
正法寺
正法寺
正法寺
大蔵経寺
大蔵経寺
大蔵経寺
定林寺
定林寺
定林寺
福光園寺
福光園寺
福光園寺
本光寺
本光寺
本光寺
大森家住宅
旧大森家住宅
旧大森家住宅
石原家住宅
旧石原家住宅
旧石原家住宅
八田家書院
八田家書院
八田家書院
小林家土蔵
小林家土蔵
小林家土蔵
石和陣屋
石和陣屋
石和陣屋
石和宿本陣
石和宿本陣
石和宿本陣
小山城
小山城
小山城
姥塚
姥塚
姥塚
荒神堂
荒神堂のケヤキ
荒神堂のケヤキ
 
白
 
 
白
 
 
白
 
 
白
 
山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。