忍野八海:歴史

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)忍野村:歴史・観光・見所>忍野八海

概要・歴史・観光・見所

忍野八海・歴史概要: 忍野八海とは湧池、銚子池、出口池、菖蒲池、濁池、鏡池、お釜池、底抜池の8つの池総称です。元々は富士山の噴火によって形勢された堰止湖でしたが、桂川の運ぶ土砂により湖面が埋まり、富士山の伏流水によって忍野八海が生まれました。

忍野八海の湧水は富士山の雪解け水が約80年の年月をかけ濾過されたもので、透明度が高く神秘的だった為、信仰の対象にもなり、富士山を信仰する富士講では忍野八海を「元(小)八海」と称し水行(水垢離)を行った後、富士山の登拝に望んだと云われています。

忍野八海の池は8つ霊場で構成され第一霊場の出口池は難陀竜王、第二霊場の御釜池は跋難陀竜王、第三霊場の底抜池は釈迦羅竜王、第四霊場の銚子池は和脩吉竜王、第五霊場の湧池は徳叉迦竜王、第六霊場の濁池は阿那婆達多竜王、第七霊場の鏡池は麻那斯竜王、第八霊場の菖蒲池は優鉢羅竜王がそれぞれ祀られ信仰の対象になっていました。

忍野八海は大変貴重な事から昭和9年(1934)に国指定天然記念物に指定され、昭和60年(1985)に環境省による日本名水百選に選定、平成6年(1994)に新富岳百景に選定されています。平成25年(2013)には「富士山:信仰の対象と芸術の源泉」を構成している1つの要素として評価されユネスコによる世界文化遺産に登録されています。周辺は茅葺屋根の建物などが配され観光地としても整備されています。

【 参考:サイト 】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

忍野八海:歴史的景観・風景・写真

忍野八海を構成している湧池の全景写真
[ 付近地図: 山梨県南都留郡忍野村 ]・[ 忍野村:歴史・観光 ]
忍野八海の透明度が高く泳いでいる魚がはっきり見えている写真 忍野八海を観光客が訪れている様子 忍野八海に設けられている建物群を写した画像 忍野八海にある吸い込まれそうな池
忍野八海に流れる小川沿いにある水車小屋 忍野八海にある清々しい風景の写真 忍野八海を構成している銚子池の全景 忍野八海の散策路に架けれた木製橋
忍野八海を構成するお釜池の画像 忍野八海のお釜池に映りこむ木々な草花 忍野八海を構成する鏡池の全体写真 忍野八海にある菖蒲池を撮影した画像


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。