鳴沢村: 溶岩樹型

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)鳴沢村:歴史・観光・見所>溶岩樹型

概要・歴史・観光・見所
溶岩樹型(鳴沢村)概要: 貞観6年(864)の富士山の噴火により、中腹から溶岩流が流れ出し、鳴沢村を飲み込みました。その際、多くの樹木を取り込んだ状態で急速に固まり、内部の樹木だけが燃えた為、奇妙な空洞が形成されました。鳴沢村のこの周辺だけで大小12箇所の溶岩樹型が見つかり大変貴重な事から、昭和4年(1929)に国指定天然記念物、昭和27年(1952)に国指定特別天然記念物に指定されています。

溶岩樹型:写真

溶岩樹型
[ 付近地図: 山梨県鳴沢村 ]・[ 鳴沢村:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。