鳴沢村: 八幡神社

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)鳴沢村:歴史・観光・見所>八幡神社

概要・歴史・観光・見所
八幡神社(鳴沢村)概要: 八幡神社の創建は安土桃山時代の慶長年間(1596〜1615年)に大田和地区の産土神として勧請されたのが始まりと伝えられています。当初は段和山の麓にあったとされますが江戸時代後期の寛政年間(1789〜1801)に火災により焼失し、文化12年(1815)に集落に近い現在地に遷座されました。その際、鳥居と社殿の配置が段和山を向いて建てられています。現在の本殿は文政8年(1825)に建立されたもので一間社入母屋造、銅瓦棒葺、正面屋根に千鳥破風、一間軒唐破風向拝付、外壁は真壁造り板張り、腰壁は下見板張り縦押縁押え。拝殿は文化14年(1817)に建立されたもので、木造平屋建て、入母屋、銅瓦棒葺き、平入、桁行5間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板張り。舞殿は神楽殿として建てられたもので、木造平屋建て、寄棟、銅板葺き、平入、正面吹き放し、農村歌舞伎が盛んになり、回転舞台が設けられた舞殿になったと思われます。又、境内には神仏習合時代に八幡神の本地仏だった阿弥陀像が祀られる阿弥陀堂があり神仏分離令の際、社務所として申請した為破却を免れたと思われます。八幡神社及び舞殿は昭和56年(1981)に鳴沢村有形文化財に指定されています。祭神:応神天皇。

八幡神社:写真

八幡神社
[ 付近地図: 山梨県鳴沢村 ]・[ 鳴沢村:歴史・観光・見所 ]
八幡神社 八幡神社 八幡神社 八幡神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。