中央市: 永源寺

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)中央市:歴史・観光・見所>永源寺

概要・歴史・観光・見所
永源寺(中央市)概要: 永源寺の創建は天歴2年(948)、良顕が開山したのが始まりと伝えられています。その後、天正元年(1573)に愚庵宗智(龍華院6世)により中興開山しています(慶長年間:1596〜1615年とも)。又、永源寺境内は甲斐武田家13代当主武田信満の2男である武田右馬助信長の家臣加藤入道梵玄の屋敷跡とされ、正面と東側には掘の跡とされる水路が残されています。永源寺には寺宝が多く、中でも木造聖観音菩薩立像は藤原時代に製作されたと推定されるもので、檜材、寄木造、漆箔、像高97cm、明治39年(1906)に国指定重要文化財に指定されています。木造普化禅師座像は江戸時代末期に製作されたと推定されるもので、檜材、寄木造、胡粉地彩色、玉眼、像高43cm、昭和50年(1975)に中央市指定文化財に指定されています。甲斐百八霊場第50番礼所。甲斐三十三観音霊場第2番札所(御詠歌:世を照らす 光を永く 伝えんと 源寺に ひくぞたのもし)。山号:豊田山。宗派:曹洞宗。

永源寺:写真

永源寺
[ 付近地図: 山梨県中央市 ]・[ 中央市:歴史・観光・見所 ]
永源寺 永源寺 永源寺 永源寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。