武田信虎

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)>大泉寺(甲府市)
【 菩提者 】 大泉寺(甲府市)の菩提者である武田信虎は武田17代当主武田信縄の嫡男として明応3年(1494)、又は明応7年(1498)に出生し、永正4年(1507)に信縄が死去した事により18代武田家当主を継ぎ、甲斐守護職に就任しました。しかし、実力者で叔父である油川信恵が異を唱え、有力一族や国人領主と組んで反旗を翻しましたが、永正5年(1508)に坊峰合戦で見事勝利し不穏分子を一掃しています。さらに、武田家に与しない、小山田氏や、大井氏、穴山氏などを従えるようになり一応の甲斐統一を成しています。永正16年(1519)には武田家の本拠があった石和から甲府に進出し、居城である躑躅ヶ崎館(武田氏館)を築城、城下町の整備に伴い、後に菩提寺となる大川寺(大泉寺)も城下町に移しています。諏訪大社下社の神官である金刺氏を保護した事や伴野貞慶の要請により度々諏訪郡や佐久郡など信濃国に出征を繰り返しますが、多くが失敗し大きな損害を被っています。関東の上杉家とは同盟関係を築く一方で、小田原北条氏や今川氏とも関係が悪く、国境付近では戦乱が絶えませんでした。そのような中、天文4年(1535)に諏訪頼満、天文6年(1537)には今川家との和睦が成立しています。特に今川家とは血縁関係を強め、信虎は長女である定恵院を今川家の当主となった今川義元の正室とし、嫡男の信虎(後の武田信玄)は義元の斡旋により転法輪三条公頼の娘(三条夫人)を正室として迎えています。天文8年(1539)には北条氏綱とも和睦した為、信濃侵攻を強化し、信濃国の一部を支配下に入れましたが、天文10年(1541)に晴信(後の武田信玄)の反乱により国外追放され、信虎は今川義元の元に寓居となりました。晩年は武田信廉の居城である高遠城(長野県伊那市高遠町)で過ごし天正2年(1574)に死去、享年81歳。大泉寺境内に建立されている武田信虎の墓は山梨県指定史跡に指定されています。

【 寺  号 】 大泉寺
【 所在地 】 山梨県甲府市古府中町
【 創建年 】 中興開山:大永元年(1521)
【 開  山 】 中興開山:天桂禅師
【 開  基 】 中興開基:武田信虎
【 山  号 】 万年山
【 宗  派 】 曹洞宗
【 本  尊 】 釈迦如来
【 備  考 】 絹本著色武田信虎像(国指定重要文化財)・絹本墨画松梅図(信虎寄進:国指定重要文化財)
武田信虎の墓(山梨県指定史跡)
山梨県大名菩提寺
三条夫人武田信虎大井夫人武田義信・諏訪頼重武田信親武田信武・武田勝頼飯富家・山県家屋代勝永源清光武田信重武田信義円井家・山本勘助小山田家小山田家・鳥居家・秋元家養珠院武田信治武田信玄武田信満武田信成武田勝頼武田信昌加藤景忠
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。