猿橋(日本三大奇橋)

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)大月市:歴史・観光・見所>猿橋(日本三大奇橋)
大月市・見所
 ・ 八ツ沢発電所施設
 ・ 猿橋
 ・ 初狩宿
 ・ 旧星野家住宅
 ・ 旧今井医院
 ・ 桂川渓谷
 ・ 黒野田宿
 ・ 真木諏訪神社
 ・ 猿橋宿
 ・ 岩殿城
 ・ 白野宿
 ・ 下花咲宿
 ・ 鳥沢宿
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
猿橋・歴史・観光・見所
猿橋(大月市)概要: 猿橋はいつの頃から架けられたのかは不詳ですが伝承によると、奈良時代、百済の芝耆麻呂(造園家:志羅呼、志耆麻呂、白癬など様々、猿が藤を蔦って渡ったとも。)が渓谷に訪れたところ野猿が体を支えあって橋を作り断崖を渡るを見て、猿橋の構造を思いついたと云われています。室町時代の文明19年(1486)には聖護院門跡道興が猿橋について「廻国雑記」に伝説や由来、歴史などを記しています。又、甲斐と武蔵を結ぶ街道にあった為、戦略上重要視され、戦国時代には度々猿橋が落とされ敵の進行を防いだと云われています。江戸時代に入り甲州街道が整備されると人の往来も多くなり猿橋は岩国の錦帯橋、木曽の桟、日光の神橋や西祖谷山のかずら橋、宇奈月の愛本刎橋を上げる場合もあります。)とともに日本三大奇橋の1つに数えられ甲州街道の名所の1つとなります。又、猿橋は文人墨客、絵師などからも注視され歌川広重は「甲州日記」や「甲陽猿橋図」を手掛け、その他の文人や詩人達も多くの紀行文や詩句の中に猿橋を題材にしています。猿橋は昭和7年(1932)に国指定名勝に指定されています。
猿橋
猿橋
[ 付近地図: 山梨県大月市 ]・[ 大月市:歴史・観光・見所 ]
猿橋 猿橋 猿橋 猿橋
山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)

 

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所>大月市>猿橋(日本三大奇橋)」」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。