甲府市: 長禅寺

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)甲府市:歴史・観光・見所>長禅寺
甲府市・見所
 ・ 一蓮寺
 ・ 穴切大神社
 ・ 大泉寺
 ・ 円光院
 ・ 夫婦木神社
 ・ 東山南遺跡
 ・ 法泉寺
 ・ 稲荷塚古墳
 ・ 石川家住宅
 ・ 岩清水遺跡
 ・ 金桜神社
 ・ 勝山城
 ・ 河尻塚
 ・ 丸山塚古墳
 ・ 鍋弦塚
 ・ 仁勝寺
 ・ 入明寺
 ・ 酒折宮
 ・ 積翠寺
 ・ 武田信玄火葬塚
 ・ 甲府城
 ・ 方形周溝墓群
 ・ 昇仙峡
 ・ 高室家住宅
 ・ 武田神社
 ・ 塩沢寺
 ・ 武田氏館
 ・ 仙娥滝
 ・ 東光寺
 ・ 銚子塚古墳
 ・ 長禅寺
 ・ 山梨県庁舎
 ・ 要害城
 ・ 甲斐善光寺
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
長禅寺(甲府市)概要: 長禅寺の創建は不詳ですが中世甲斐国巨摩郡大井荘の国人領主だった大井氏(武田家の一族)の菩提寺として知られ、当初は真言宗寺院でしたが正和5年(1316)、夢窓疎石(臨済宗の高僧)によって臨済宗に改宗開山しています。永正14年(1517)、甲斐国主となった武田信虎の正室に大井信達の娘(大井夫人)を迎えた為、武田家からも庇護され、大井夫人は帰依していた岐秀元伯を招き躑躅ヶ崎館(武田氏館)から晴信(後の武田信玄)を連れ立って兵法や治国などの帝王学を学ばせたと伝えられています。当地での創建年には諸説あり「甲斐国志」によると大井夫人(享年56歳、戒名:瑞雲院殿月珠泉大姉)が死去した天文21年(1552)、「甲斐国社記・寺記」によると永禄年間(1558〜1570年)の説がありますが、一般的には大井夫人は長禅寺(古長禅寺)に葬られ、後に信玄が容易に母の供養が出来るように岐秀元伯を招き甲府にも長禅寺を開き、一方の巨摩郡相沢(現南アルプス市)の長禅寺は古長禅寺と呼ばれるようになりました(古長禅寺の境内にも大井の方の墓碑が建立されています)。甲府の長禅寺は甲府五山(東光寺・能成寺・長禅寺円光院法泉寺)の筆頭に位置し、その後も武田家と縁が深く永禄2年(1559)に晴信が出家した際も岐秀元伯から法名「機山信玄」を授かっています。天正10年(1582)、織田信長の甲斐侵攻により武田家が滅ぶと、武田家縁の神社や寺院が焼き討ちとなり長禅寺もその兵火により多くの堂宇、寺宝、記録などが焼失しています。その後、再興されましたが昭和20年(1945)の空襲の戦火により再度焼失しています。甲斐百八霊場58番札所。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:釈迦如来。

寺宝である「絹本著色武田信虎夫人像」は天文22年(1553)大井夫人の一周忌に逍遙軒信綱(信玄の弟:武田信廉)が描いた描かれた供養像で、縦87.6cm、横37.3cm、大井夫人が詠んだ句「春は花秋は紅葉のいろいろも」「日かずつもりて散らばそのまま」と大泉寺住職の賛が寄せられ明治38年(1905)に国指定重要文化財に指定されています。紙本著色渡唐天神像は室町時代に逍遙軒信綱(武田信廉)の筆と推定されるもので昭和40年(1965)に山梨県指定文化財に指定されています。現在は戦後、建立された五重塔、三重塔、大井夫人の霊廟(信玄が建立したと思われる墓石)などの諸堂が整備されています。山門は切妻、本瓦葺、三間一戸、八脚単層門。本堂は入母屋、銅板葺、平入、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。霊廟は宝形造り、桁行3間、梁間3間。三重塔は昭和53年(1978)に建てられたもので、宝形屋根、銅板葺、高さ18.6m、1辺3.57m。五重塔は平成2年(1990)に建てられたもので、宝形屋根、銅板葺、高さ31.8m、1辺5m。

長禅寺
長禅寺
[ 付近地図: 山梨県甲府市 ]・[ 甲府市:歴史・観光・見所 ]
長禅寺 長禅寺 長禅寺 長禅寺
長禅寺 長禅寺 長禅寺 長禅寺
山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県:歴史・観光・見所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。