甲府市: 酒折宮

  山梨県:歴史・観光・見所(ホーム)甲府市:歴史・観光・見所>酒折宮

酒折宮
酒折宮
[ 付近地図: 山梨県甲府市 ]・[ 甲府市:歴史・観光・見所 ]
酒折宮 酒折宮 酒折宮 酒折宮
概要・歴史・観光・見所
酒折宮(甲府市)概要: 酒折宮の創建は景行天皇の御代、東夷東征の帰途、酒折宮この地を訪れた日本武尊が当時の甲斐国造塩海足尼に火打袋を授け、自らの分身としたところから、塩海足尼が火打袋を御祭神として社殿を造営したと伝えられています。その際、日本武尊が「新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる」という歌の問いに、焚き火番の老人が「かがなべて 夜には九夜 日には十日」と歌い返した故事から連歌発祥の地として広く知られるようになりました。奈良時代に編纂された古事記によると、日本武尊の歌を返答した焚き火番の老人は、「東国造」に任命し、信濃倉野之坂を経由して尾張に向かったとしています(日本書紀では「東国造」の事跡はなく、上野碓日坂を経て尾張に向かったとしています)。酒折宮のその後の詳細は不詳ですが、中世に入ると武田家の庇護となったようで、武田家が滅亡する天正10年(1582)時点では社領200石が安堵されていたようです。武田家が滅ぶと、社領が召し上げられた為に衰微しましたが、江戸時代に入ると、社領の有無は不詳ですが、上記の日本武尊の旧跡である事が広く知られるようになり、江戸時代初期には土佐派の土佐光起が「酒折連歌図」を描き、享保年間(1716〜1735年)には甲府藩主・柳沢吉里の命により甲府八景和歌」が定められ冷泉為綱が「酒折夜雨」と詠っています。その後も学者・文学者が参拝に訪れ、境内には本居宣長や平田篤胤、山県大弐といった石碑が数多く建立されています。

 甲府市観光・旅行見所ナビ:
一蓮寺穴切大神社大泉寺円光院夫婦木神社東山南遺跡法泉寺稲荷塚古墳石川家住宅岩清水遺跡金桜神社勝山城河尻塚
丸山塚古墳鍋弦塚仁勝寺入明寺酒折宮積翠寺武田信玄火葬塚甲府城方形周溝墓群昇仙峡高室家住宅武田神社塩沢寺
武田氏館(躑躅ヶ崎館)仙娥滝(御岳昇仙峡)東光寺銚子塚古墳長禅寺山梨県庁舎要害城甲斐善光寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山梨県歴史観光案内所」は「山梨県の歴史」、「郷土資料辞典−山梨県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「甲州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。